着こなし研究

骨格診断ウェーブタイプの特徴と似合うトレンチコートの形

最近色々な雑誌でも取り上げられている骨格診断。

大まかに

  1. ストレート
  2. ナチュラル
  3. ウェーブタイプ

の3つに分けられます。

セルフ診断ですが、私はおそらく「ウェーブタイプ」

今日は、

  • ウェーブタイプの特徴
  • 似合う服・似合わない服
  • 似合うトレンチコートの形

について紹介します。

骨格診断ウェーブタイプの特徴

骨格診断ウェーブタイプの身体の特徴です。

【ウェーブタイプの特徴】

  • 骨に厚みがない
  • 手の厚みがない、薄い
  • 首が長め
  • 腰の位置が低い
  • 胸の位置が低い
  • 下半身にボリュームがつきやすい

私は見事にこの項目すべてに当てはまる!

上半身のわりには下半身にボリュームがあり、全体的につくべき所にお肉がない、悪く言うと貧相な体型。爽やかな少年体型ともいう。

骨格診断ウェーブタイプの似合う服・似合わない服

次に、ウェーブタイプの似合う服と似合わない服の例です。

【似合う服】

  • コンパクトなトップス
  • ウエストマークの服
  • 短いボトムス
  • フレアスカート
  • ノーカラージャケット
  • シフォン素材などの柔らかい素材の服
  • デコルテを隠してくれるボートネックの服
  • 着物

【似合わない服】

  • Tシャツ
  • かっちりめのシャツ
  • 首まわりのあいた服
  • カジュアルすぎる服
  • 長すぎるトップス
  • ジャケット
  • ハーフパンツ
  • ガウチョパンツ

「まさしく!」という方は私と同じウェーブタイプかもしれません。

そんなウェーブタイプの私。

ベーシックアイテムと言われるお洋服がことごとく似合わないという悲しい現実があります。

ベーシックアイテムというと、Tシャツ、シャツ、トレンチコートなど。

こういったアイテムを選ぶ時には形を気にして選べばねばなりません。

ウェーブタイプに似合うトレンチコートの形は?

これから春に向けてトレンチコートを新たに買い足したいので、ウェーブタイプに似合うトレンチコートの形を調べてみました。

まず似合わない形は、トレンチコートの中でも王道なタイプのもの↓

かっちりしてますよね。ウエストのラインから下にまっすぐ落ちるタイプ。

これだと下に重心がきてしまうので、ウェーブタイプの人には残念ながら似合わないのです…

逆に似合うのはこんな形。

ウエストにくびれがあってフレア型になっているもの。どちらかというとフェミニンな感じのトレンチコート。

ワンピースにもよく似合う形。

また、丈は長めではなく、短めの方がバランスがいいです。とにかく下に重心が来るものは避けること。

素材も固めの素材より柔らかい素材のものを。

実は私、去年オーソドックスな形のトレンチコートを買ってどうにも着こなせず後悔しました… 。

自分の似合う服を知ることって、失敗を防ぐ意味でも非常に大切だなと感じた出来事でした。

まとめ

今日は、「骨格診断ウェーブタイプ」の特徴や似合う服・似合わない服、似合うトレンチコートの形を紹介しました。

20代の頃は、似合うか似合わない」よりも、「自分の着たい服、好きな服」で洋服を買っていたけれど、最近は似合う形・素材・カラーも意識して選ぶように。

年齢を重ねるほど、「似合わない」がはっきりしてくるんだとか。

私と同じように、ベーシックアイテム似合わない…」という方がいたら、それはもしかしたら骨格の問題かもしれません。

骨格診断は無料で診断できるサイトもあります。

私が参考にした骨格診断サイトはこちら➡骨格診断サイト